あれから2週間も経ったのですね。
すごく長いような短いような。
まだ悪い夢を見ている感じでもあります。
11日の午前中に戻りたい。

あの日。
私はアトリエで、仙台さくら野イベント(中止です)
の為の納品書を最終チェック中。
委託作品を段ボールに詰めて、子供が帰る前に郵便局にいくつもり。
ちょっとだけ作業台を片付けようと座っていた所。


ミシミシ、ゆらゆら。
2日前の地震で{地震酔い}になりめまいが止まらなくなっていたので
また気のせい??ここはじっとしておきましょう。と様子を見る。。。
一向におさまらない。増すばかり。
アトリエは元和室。
いつでも原状復帰できるように、簡単な壁や棚。
なので重いもの壊れ物は置いていない。
だけど沢山並べてるので落ちてくる落ちてくる、
初めはあらまぁ、と笑ってみたものの、、そんな揺れじゃない!
この勢いだとTVが倒れるかも、とTVを押えながらリモコンを探しつけてみる。
ん?つかないつかない。落ちつけ自分!
一瞬だけ電源が。でもすぐ切れる。
それから体験したことのない揺れ。
2階の何かがどんどん落ちてくる音。
家のきしむ音。
どこかでガラスの割れる音
立っていられなくなりそう、まずい。
ここにいたら死ぬ!
とそのまま外へ。
後で見るとよく外に出られたな?と思うくらいの散乱、
スツールが倒れ雑貨が散乱していました。

ご近所の奥様方、玄関外へ出ていました。
大丈夫大丈夫?とお互いに言いながら
電線が切れないか家が木が倒れてこないか
見たこともない光景に震え驚くばかり。

携帯で主人に電話するがつながらない。
焦り震える手元。誰にもつながらない。義父母にも。
メールは飛んだけど受け取れないだろう・・・
子供は今小学校だから・・・机の下へ入ったよね?
踏ん張るのがやっとの揺れの中で悪い事ばかり考える。。。
いいえ割と新しい学校だから大丈夫なはず!

まだ揺れるものの、少しだけおさまってきて、すかさずしたこと。
家じゅうの現金とその辺にあったお菓子と、家族の薬、
ペットボトルのお茶とカイロをリュックへ詰める。
この間も結構な揺れ何度も外に出る(今思うと危険でした)

・・・この揺れで家がつぶれても、私が死んでしまっても
このリュックを子供たちに渡せばしばらく生き延びてくれるだろうと
とっさに考えた行動です。。。
後でニュースで聞いたけど、10分くらい揺れ続けたのですね。。。

子供さんは?子供さんは?学校に行った方がいいんじゃない?
とご近所の皆さんが声をかけてくれる。
普段なら緊急メールが携帯に届くけど・・・
そんな場合じゃない。待ってられない。
パンパンなリュックを背負ったまま、
「落ちつけ自分!」と呪文のようにつぶやきながら車を飛ばして小学校へ。
ご近所さんへは学校に行くと伝え、玄関ドアは開けたまま

小学校はこんな時のための受け渡し訓練を何度かしていたので!
本当はグランドへ集まってるはずだけど
「揺れがひどいのでまだ机の下から出せない」
「お母さんたちが中に入ってもまだ危険かもしれないので」
「もうしばらくそのままお待ち下さい」
と校長先生が2階から拡声器で。
お知り合いのお母さんたちの顔を見てちょっとほっ。
寒さと恐怖でかなり震えていたようで、、
ハグされました。ありがとう。

知ってる子供をみんな連れてきたかったのだけど・・・
緊急時の受け取り用紙の欄へ自分の名前がないとだめなので、
(「混乱になりますので決まってるお子様だけ」と先生に止められ・汗)
息子と、仲良しの子だけを連れ急ぎ帰る。。。
この時点で大渋滞。
長男は徒歩で帰りついていました。

子供確保したのでホッとしつつ
余震があるたびに外に出て、、、。。。

・・・主人と連絡が取れない・・・
今日は山形へ行くと言って朝別れたはず。
情報がない。
さっき車でTV見たけど、こっちも動揺して震源地も震度も何もわからない。
(耳に入ってこない精神状態)
そんな時九州の妹から電話。
県外からだとかかりやすいようでした。
「大丈夫、ハハコ3人は」
「パパと、石巻に電話して!」

妹の声を聴き大丈夫といったものの、
主人の無事が分からないと何も手につかない。。
このままじゃ子供が怖いよね、としっかりしてみる。
「停電してるから、家じゅうの蝋燭と懐中電灯とラジオと現金を持ってきて~」
「余震に十分に気を付けて」
「もしかしたらどこかに避難するから、リュックに必要なものを詰めること!」
「明るいうちにできることはやってください」
「ママはキャンプグッズと寝袋を出してくるね!」

妹が
夕方かないつかな?主人が無事な事、大渋滞だけど家に向かっていること。を教えてくれました。
日が暮れたころかな?石巻の義父に電話がつながったと教えてくれました。
ただ、東北弁が聞き取れない。
妹は「とにかくお父さんとお母さんご無事なんですね?」と聞き直したそう。
命が無事なのだけは分かりました。後で笑い話にしてやる~
簡単に電話がつながらない中、
ずっとずっとこちらの家族に電話をかけてくれた妹に感謝。
九州の妹はずっとずっとこの後数日間、
電話をかけまくってくれました。
女川の病院に勤める義妹と連絡がつかなかったので。(無事でしたよ)

この日は何を食べたかな?あまり記憶がない。
ストーブの上でお湯を沸かし、、冷ご飯をおにぎりにしたような。。
食事の準備をしていた頃、主人が帰ってきました。
よかった!今日中には戻れないと思っていたので。
帰りに大渋滞の中、コンビニでとっさに並びカップめん等を買ってきてくれていました。

余震が怖くて、子供はストーブからかなり離して。
結局ろうそくは余震が怖くてこの日は使えなかった。

あの日とっさにした事。で、やってよかったこと。
冷蔵庫の物は解凍されないように冷蔵の物も冷凍に寄せて
氷もビニールにすべて入れ、アイスノンと氷ではさむ。
(頭痛持ちが3人もいるのでアイスノン4個常備!おかげで冷凍3日間解けずに済みました)
まだ水が出ていましたが、断水するかもと
昼間のうちにお風呂にいっぱい水を溜め、
台所のあるだけ出せるだけの容器に水を汲んでおきました。
その後断水したので、ためていて本当に良かった。

なんでもストックはなるべく置いておきたくない人なので
こういう時困る。
冷蔵庫の中身もスカスカ。
土曜日に主人と買い出しに行く予定だったんですもの。
12日に情報集めで散歩ついでにスーパーに寄り
すごい大行列だと思いつつ、カップ麺2箱、インスタントのお味噌汁一箱買う。
これは後で閉店したり、何キロも並んだり、カップ麺一人5個までなどの制限が出たので
買っていてよかった。
お湯はストーブで沸かせたし。
このころはいつ電気が来るのか?被害状況も把握できないでいたのですが。
一緒に並んでいた消防団のおじちゃまやある方の秘書さんが、
「少なくとも1週間から10日はこのまま!」
と言うので、、不安になりつつも覚悟はできたかな。

阪神大震災の時、心を痛めながら見ていたTV
親友があちらにいたのでハラハラドキドキ。
なお~貴方よ!
その時に得た情報。
あの時紙皿にラップをしていたよ、スプーンにも。
まな板はレンジシートとアルミでいいし。
お水は手洗いとか何かで使い回し、、最終的にトイレに使う。
沸かしたいお湯は昼間に日に当て暖める。。
昼間の日差しは家の中に入れて暖かく、早めにカーテンを引き。
雨水をため、、ここは雪でしたが。

普段の生活、当たり前の生活がどんなにありがたかったか
灯りの安心感、お水の大切さ。
みんなみんな身に染みて、分かっているようでしたがあらためて!
知らない人もご近所も皆さんこんなに挨拶していたっけ?
というくらい、道行く人「大丈夫ですか?」「頑張りましょう!」のご挨拶

私の住んでいる場所は山の方。
津波の被害のあった方たちのことを思うと
とても幸せな環境で居られています。
きっと・・・長くかかりますが元のような状態に戻る日を信じてみんな頑張っています。
関連記事
コメント
当日の様子が詳しくわかってあらためてすごい地震だったんだなー;と思いました。
10分も続いたんですね!
横浜はその半分ぐらいかな・・・でも長かった;;
外にいたので、家の中にいたらもっと恐怖感すごかったかも。
うちも買い置きしない家なので、翌日スーパーに買い物にいったら、案外みんなノンビリモードで
棚には品物がたくさんありました。
おかげでロウソク・電池・ラーメン買えましたけどね(^^)
テレビでも仙台市内の街頭インタビューでサランラップを駆使してなるべく水を使わない生活してると
話してる女性がいました。
(まゆさんじゃないよね?w)
なるほどな~(@@)と参考になりましたが
まゆさんの日記読んで更に参考になりました!!
いつ横浜で起っても可笑しくない地震ですものね、
心づもりしておかないと。
水ですが、今こちらでは放射性物質が水道水に混入してきたと騒ぎになっていて、ペットボトルの水が買えません;
でも、空の容器になるべく空気入れないようにして水を入れ冷蔵庫で8日間保存すると物質が半減するんだそうです。
ちょうど私も地震直後水を取っておいてたので
今それが役立ってます。
大人は飲んでも大丈夫な数値だとはいえ、子どもにはなるべく飲ませたくないですものね。
長々とコメント失礼しました(^^;)ゞ
引き続き、まゆさんもお気を付けて!
2011/03/27(Sun) 08:46 | URL | のの | 【編集
まゆさん、こんにちは♪
フィリカです。大変だったね。ダンナ様は石巻だったのね。生々しい画像を拝見して、本当に怖いと思いました。
あんな大変な中で、みんなどんな風に過ごしていたんだろう?と、少し落ち着いて探してました。
勝手にブログで紹介させていただきました。本当に現場に行って撮ってきた写真・・・多くのことを語ってますね。
まだまだ大変だけど。希望を持って進んで行きましょうね。
2011/03/27(Sun) 14:17 | URL | rosa8719 | 【編集
ののさん
覚書です^^;
イケナカッたことも沢山だけどね~・汗
本当に慌てた慌てた!でも阪神大震災の時にTVに張り付いていたので、本当に参考になりました!
TVには出てないよっ
お隣さんは牛乳パックをホッチキスで止めてキッチンペーパーひいて可愛いお皿で差し入れを下さいましたし^^
簡易トイレの作り方もお隣さんに習いました^^
買い置きはある程度必要ですね、我が家の冷蔵庫はいつもスカスカです・汗
冷凍野菜があって本当に良かった・笑
でもでも停電の数日間は慌てて食材つかって豪華だった~って話もたくさん聞きました・曝
放射線問題は日々ドキドキ。一時期子供が外に一人もいなくなりましたもの。我が家もまだ怖いので水の溜め置きは続けます。
ののさんも引き続き気を付けて行きましょうね!

rosa8719さん
体調いかがですか?読み逃げでごめんなさい~地震があってからはブログに行けてないけど。
紹介してくださったのですね、ありがとう。
もう皆さん行けると思うけど、初めは道路状況とか分からなかったから、伝えなきゃと思って。
義父母はなんとか頑張っていますので、こちらからガソリンが入ったら通い続けます^^
2011/03/27(Sun) 21:30 | URL | まゆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック