本日は羊毛フェルトレッスン
P4090462_convert_20120412143652.jpg
お部屋が変わりました、少し広いお部屋。

今日は体験レッスン様3名様と
新規入会2名様も加え益々にぎやかに。


今日は(も?)写真を撮る余裕もなくでした。
見本の写真です。
P4090460_convert_20120412143402.jpg



今回はベテランチームさんは≪基本に戻って≫
初心者さんは≪基本をしっかり≫ということでteaマットの制作
入会のお二人もコースターでしたので皆さんで≪面≫を作りました^^
今日ご説明したことをもう一度。

*羊毛をちぎる時、ちぎった物は濃い薄いが出来ます
  重ねる部分の濃さを考え、均一になるよう置いていきましよう。
  毛先がくるんとならない方が綺麗な出来上がりです。
*4層別にさばいてから重ねましょう。
  真上から見て濃い薄いが無いか確認。  
*4層を重ね合わせる時、真上から見てずれが無いか確認。
  お湯をかける時もずれないようにゆっくりしっかり。
*擦る時は初めは撫でるように、徐々に(ココ大事)力を入れていきます。
  縦・横・斜め・くるくる・作品の向きも変えながら
  まんべんなく擦っていきます。
*擦る時はプチプチと手で挟むイメージ
 
 コースターの方も同じです^^

それから。
改めて皆さんに注目されてトチリましたが(いつも?)
水フェルトの4つの条件
*水分→   ぬるま湯
*温度→   ぬるま湯
*アルカリ→ 石鹸(少しで十分)
*摩擦→   ゴシゴシ

お湯はお水でもなんとかなります、
石鹸も無ければ無いで。
ただ、4つの条件が揃うとフェルト化しやすいですよ!

それから、急な温度変化でも縮みます。
(ぬるま湯で洗ったセーター、すすぎで真水を使ってしまい、
そのまま脱水したらワンサイズ小さくなった経験、ありませんか?(笑))


私が羊毛を始めた頃は、ある程度仕上げたら「洗濯機で洗う」
という方法も教えてもらいました。
ですが、フェルト化が甘い状態で洗濯してしまいますと
ちょっとゆがみが出たり伸びたりしますので、、
あまりお勧めはしていません。

ニードルは針先のギザギザで表面の羊毛をひっかけ
奥に差し込んで置いて来る作業。
一見サクサクさしているだけですが^^;
刺したところだけ刺した分だけ引っ込み固くなっていきます。
針を使うときは真っ直ぐ刺して真っ直ぐ抜く。
斜めにさしたら斜めに抜く。
こねると折れます。
刺したら痛いです。消毒してください^^;

文章で見ると難しいですね、教室中に聞いてくださいませね。
皆さんの「実際やってみないと本だけじゃわからないのよ」
というお言葉が「うんうん本当よねぇ」と思います(笑)

毎回、数種同時進行で制作ですので、
お待たせして大変申し訳ありませんが
必ずご説明に行きますのでお待ちくださいませね^^
いつもご協力有り難うございます。
分からない時は遠慮なく呼んでくださいませ!
関連記事
テーマ:羊毛フェルト制作
ジャンル:趣味・実用
コメント
なるほど!なるほど!勉強になります。
次回は、またみんなで『ベビーシューズ』ですね。
大騒ぎになる予感が…(笑)

2012/04/15(Sun) 17:40 | URL | 寺岡のゆうか | 【編集
寺岡のゆうかさん
文章では説明が難しいですね。
実際に手にしながらだと良いのですが。
次回も三種類になりますのでバタつきます、
遠慮なく呼んでくださいませ(笑)
2012/04/15(Sun) 18:10 | URL | まゆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
本日は羊毛フェルトレッスンお部屋が変わりました、少し広いお部屋。今日は体験レッスン様3名様と新規入た^^今日ご説明したことをもう一度。*羊毛をちぎる時、ちぎった物は濃い薄いが出来ます重ねる部分の濃さを考え上から見て濃い薄いが無いか確認。*4層を重ね合わせ...
2012/04/12(Thu) 15:25:58 |  まとめwoネタ速suru