半壊の自宅を復興に向けて一生懸命
皆さん津波をかぶったところを片付けようと頑張っています。

大変なのはまずにおい
これは仕方ない、ですがそろそろ乾いてきて悪臭も増しています。
そこから上がる砂埃?泥埃?もすごい。

それから重さが問題。
収納などのプラ容器はすべて水が溜まっていること、
これらから水や泥を出して絞っています。

畳は泥も詰まって水もかぶってものすごい重さ
男二人で1枚抱えるのがやっと、水分たっぷりなので滑らないし。

主人の実家へは主人と弟が交代で入り海水のかかった電化製品すべてと
畳、箪笥、あらゆるものをできるだけ外へ出してきましたが、、、
出来ないご家庭も多いです。重くて。
そろそろ被災にあった物のゴミ収集が始まったようです。
あちこちにゴミが山積み。
冷蔵庫畳TV布団服、、居間や寝室に普通にあった物がすべてドロドロでゴミにするしかありません。




これから家族親戚友達等々
救援、応援へ向かう方は参考までに

長靴、靴、マスク、軍手、ゴム手袋、帽子、メガネ
水がまだなので着替えも不足。
女性の下着類はなかなか言えない方も多いので、
女子が気使いしてあげてください。
体を清潔にできるウエットティッシュのようなもの。
タオル、防寒着、傘、自転車、自転車はすぐパンクします。
タイヤの修理の仕方の分かる方、道具一式をもって修理の仕方を教えてきてください。
もちろん水、食料、毛布、着替え等々まだまだ全然足りません。
その場にいる方々は、鼻もマヒしていますが、かなりのヘドロにおい。
鼻から吸い込んで大丈夫なのか?
早く清潔にできる環境を整えてあげたいです。

心もかなり疲れて。。。
命はあったものの、これからのことを考え悲観したり
自分だけ残ってしまったと悲観する方、男性はもともとおとなしめなので、、黙り混んでしまうので・・・
皆さんコミュニケーションをとってストレス発散させてあげてください。





気を付けること。
ちょっと・・・
治安が悪くなっています
気を付けて。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック